記事一覧

布施明がジャズとして歌うBy The Time I Get to Phoenixはカントリー ミュージック。 Glen Campbellの逝去について思うこと

カントリー ウエスタンというと、私のなかでは、結構否定的なイメージが ありました。   保守的 白人の音楽 田舎っぺ 鉄砲保持者でハンティングに行き動物を撃つ人達 排他的 現在のアメリカのあり方に反対して   トランプ大統領を支持する白人層   でも、最近、いいなあと思うようになりました。 カントリー ウエスタンとポピュラー ミュージックがどんどんcross over(混合)してきたからでしょう。だ...

続きを読む

2度目の結婚式は親しい仲間達と,簡略して

先週の週末は、コーネル大学卒業後、ポスドクpostdoc (博士号取得後の任期制のポジション)として、夫の部門で働いていた女性研究者のウエディング パーティに出席。   科学部門で博士号を取った花嫁さんが仕事に溺れていたからか、いや、理由はともかくとして、彼女の結婚は2度目なのです。   彼女の父親が腕のいい、私のperiodontist(歯周治療専門医)であり、かつ、夫の飛行仲間であり、夫と仕事をしている他...

続きを読む

布施明の『掴んだろうか夢のしっぽを』と村上春樹『騎士団長殺し』

私は、布施明がコンサートのみで歌う 『ジャズとゴロアーズ』、あるいは、『掴んだろうか夢のしっぽを』として、知られている歌をよくyou tubeで聴きます。軽くて、洒落たメロディー。疲れた時に、いい!ジャズ喫茶でイキがって歌っていた友人、その友は今頃どうしているだろうか、夢のしっぽをつかんだろうか? 遠い昔、ジャズ喫茶に入りびたっていた頃を懐かしく思うという内容の歌です。布施明がこの シャンソン風な歌をどこか...

続きを読む

CondominiumとTown House

Condominium (コンドミニアム)Condominiumは、日本では、略してコンドと言う呼び名の方が通っていますね。 アメリカでcondominiumと言えば、超高層の分譲マンション的な住宅。この超高層のコンドミニアムの場合、大抵concierge (con・ci・erge) /kɔːnsjéɚʒ/と呼ばれる管理人が厳しく出入りを取り締まっています。このconciergeという単語ですが、フランス語からきているので、発音が結構難しいです。私だけかな。シラブルが3...

続きを読む

Fuchsia (フューシャ)は、赤紫色

私は、fuchsiaという色が好きです。赤みをおびた紫色です。でも、フランス語からきている、まあまあめずらしい呼び名らしく、そいうことには、疎い夫に言っても、だめです。全く、わかりません。 Fuchsiaは、fjúːʃəという発音記号。カタカナではフューシャです。  でも、こういうフランスからきている色の名前は、 ファッション系の宣伝ではよく使われています。今日は、Ann Taylor(アン テイラー...

続きを読む

Profile

アメリカのおばちゃま

Author:アメリカのおばちゃま
Welcome to FC2!アメリカ南西部在住。好きな作家は村上春樹、歌手なら布施明、夫から常日頃聞かされるのは、Richard Feynmanの好奇心について。