FC2ブログ

記事一覧

どうやら,オペラを楽しむには、予習が大切らしい。。。

romio and julliet

(プログラムには、まず、映画のRomeo and Julietの写真が )


サンタ フェで夏の恒例野外オペラ(open-air opera)に行ってきました。おなじみのシェイクスピアの戯曲、『ロミオとジュリエット』が原作です。フランスのグノー作曲によるオペラ。

オペラが始まる前に、仲間の女性達6人とサンタ フェで食事をしました。大きな中庭の大木の下、6人がけの円形のテーブルに腰をかけ、オペラ観劇にふさわしい、 とても素適な始まりでした。 同行の仲間達は、この街のウイメンズ グループに付属する料理クラブの面々。大体、このクラブの仲間達は、食前にお酒を飲みます。私は、飲むと眠くなる質なので,飲みません。皆さん、マルガリータなどを飲んで、楽しそう。食後は、デザ−ト,それにコーヒーまで飲んでいます。私は、 朝の2杯でコーヒーは終わり。

私達はオペラが始まる1時間前に、オペラ座に着いて、『ロメオとジュリエット』のオペラの見所についての講義を聞く予定でした。ところが、皆、食事に時間をかけすぎたようです。しかも、車を運転してくれた我が友は、混み合っていない道を選んだのは、よいのですが、道を間違え、幕が上がる寸前に,やっと到着。

私自身としては、もう少し、『ロミオとジュリエット』について、勉強をしてから観に行けばよかったと深く反省しております。「あらすじ」は、もちろん、映画や芝居などで,散々観たはずなのですが、ここぞという場面を見逃してしまいました.ロミオとジュリエットが密かに結婚するあたりで、居眠りしてしまったり。

誰でも知っているストーリーだから、いいやと鷹を食っていたのが、悪かった。プロンプター(prompter)があるので、わからない所があれば、それを見ればよいと思ったのですが、時々、英語から、スペイン語に変わってしまいます。台本はフランス語のようです。だいたいこの簡単な話に3時間半もかけるなんて…退屈になってしまうわよねえ。全部で5幕もあります。

オペラに行くなら、次回からは、CDを聞く、DVDを観て、なんらかの予備知識をいれておいた方がよいと深く思った次第。いろいろな歌手が歌っている『私は夢にいきたい』(Je veux vivre)の聴き比べをしていくべきでも、ありました。マリア カラスも歌っていたんだ!それに、この歌は、シャンソン『白いきじ鳩よ』としても、有名になったんですってね。不勉強で行って、後で損した気持ち、これまた、深く反省。

席は、mezzanine( 一番上の天井桟敷的な席)で、このオペラ座としては、かなりお安い座席。でも、全体が見渡せるし、オーケストラも眺められる、音響だって,悪くありません。野外の景色も見えてまあまあでした。よっぽど、お気に入りのオペラでなければ、気軽なmezzanineでいいわと思いました。来年も気楽に行こうかしら。

私は、先月、日本で布施明のジャズを聴きに行った時に、ちょっとおしゃれっぽい黒い洋服を着ていきました。オペラにも同じドレスで。ジャズより、オペラに合うドレスらしく、友人達に,I love your dressとか言われ、その辺は,しっくり。今回のオペラで楽しかったのは、女性達のおしゃれ姿を堪能したことです。ドレスアップとは、ちがいますが、スカーフのかけ方がとてもおしゃれだったり、靴が素敵だったり、ちょっとニューヨークなどでは見られない、「粋」な感じにあふれていたことです。休憩20分、長蛇の列のトイレ待ちも、女性達の会話を小耳にはさみつつ、おしゃれ観察で時間を全く感じませんでした。

私の後ろでトイレの順番を待っていた女性は、Forest Serive(国有の森林などの保護)に勤めているとかで、自然を守るのだということをとうとうと話していた、ちょっとリベラルなおネエさん。自分の仕事についてイキイキと語れるって、言いなと思いました。私は、いつも働く女性に妙に惹かれるのです。

まあ、オペラより、女性達のおしゃれを楽しんだという訳.これもオペラ観劇の一つの楽しみだ,まあ,いいか。

今日の単語
open- air opera (野外オペラ)
prompter この場合は(翻訳用電気機器)
Forest Service (国有の森林などの育成、保護に携わる部)
mezzanine (天井桟敷的な天井に近い席),メザニーンと発音します。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント