FC2ブログ

記事一覧

Nuclear deterrenceを語る国防長官のAsh Carter



IMG_1143.jpg  

(写真は、ABQJournalより)

先日、私が住む州に国防長官のアッシュ カ
ター(Ash Carter)氏がやってきました。この州には基地と2つの国立科学研究所が存在するので、そこの職員達に講義をするためです。

 

カーター氏の演説がABQ ジャーナルに載っていたので、まとめてみました。
_______________________________________________________________

移り変わる,今の世の中において、ここ数年、核抑止のための予算が減ってきている。トライアド 戦略爆撃ミサイル(strategic bombers)大陸間弾道ミサイル(intercontinental ballistic missiles)潜水艦発射弾道ミサイル(submarine- launched ballistic missiles)の3本柱から成る戦略ミサイル攻撃力の予算は、近年どんどん削られ,過去数年間で最低の金額である。交戦国のスーパー パーワーは、核戦力に力をそそいでいるようである。

….new players hoping to become nuclear players.

新しく台頭してきている国々は核プレイヤーであることを望んでいるようだ。核抑止をいろいろな角度から見直す時期ではないだろうか
________________________________________________________________

カーター長官は、このようなことを問いかけていたようでした。

 

今の世の中は、どこに住んでいてもいろいろな波紋に巻き込まれます。その再前端にいるとも言えるアメリカでの生活。中近東にまつわる宗教、国内での人種問題、インターネットにおけるサイバー セキュリティ、テロ、アイシスなどいろいろな問題が浮上しています。10年前には思ってもいなかった事件が、どんどん勃発している現状です。Nuclear deterrenceを見直してみようという時期に来ているのでしょうか。

Nucleat deterrenceとは、現在,ふたをしている状態だけど、何かあった折のために、すぐ使用できる状態に保っておくということなのでしょうね。カーター国防長官は、この辺を強調したかったのでしょうか。

 

ちなみにカーター長官は、オックスフォード大学で理論物理の博士号を取った人物。強気で人に譲らないという評判を持っています。

 

 

今日の単語:

US Secretary of Defense アメリカ合衆国国防長官

nuclear deterrence   核抑止

underinvestment  過小投資

nuclear triad  (三元戦略核戦力)爆撃機大陸間弾道弾潜水艦発射弾道弾の3本柱から成る戦略ミサイル攻撃力

belligerent   交戦国
cyber security  インターネット上の不正侵入などから保護する対策

(on line辞書を使用)

 

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント