FC2ブログ

記事一覧

Navajo Medicine Men Touching and Breathing into the Face to Treat Corona Patients

IMG_5255.jpg  IMG_5249.jpg

(map: navajobusiness.com)
(reference: https://www.nbcnews.com/ No running water in Navajo Nation)

When COVID 19 launched at the Navajo reservation, it spread
very quickly. Navajo Nation is in a large portion of Arizona, as
well as a part of southern Utah and northwestern New
Mexico. Their infection rate there is very high and it is right behind New
York and New Jersey. The Navajo Nation had a population of 356,890
in 2016.

They have the largest cases of chronic diabetes in
the nation. You may tell them,” Wash your hands often.”
But, they don’t have running water. Unfortunately, they don’t
have enough money to stock up on foods for a long time,
so it is difficult for them to minimize their trips to
grocery stores by only going every two or three weeks.

All native Americans are a sovereign nation, but they are
treated as a ward of the federal government, and their budget
system is a little different compared with other states.


Because, native Americans are considered part of the federal government,
they receive their own funding from the federal budget, not from the state.

Their culture is very interesting. They keep their own traditional
culture that was established before the Americans took over
their land. They lived in this land for many years if not centuries.
The U.S. took over their land.


I don’t know why they don’t have running water. Maybe they
like their traditional life style, or they never have received
enough of a budget to cover the cost.

I heard a very interesting story from my friend. Her daughter
had a native American boyfriend. He was a part Navajo
and part Mohawk.

They are separated now, but her daughter and boyfriend have still a very good
relationship. My friend told her daughter that the state health department
is working with medicine men on the Navajo reservation and showing them
how to safely interact with patients with face masks, gloves, and other PPE
and when to call for an ambulance.

But, her daughter said that it would not happen.
As to face masks and gloves, she said she doubts that medicine men
would use them because Navajo medicine
requires a lot of direct touching and even breathing and blowing into
the patient's face along with herbal remedies, dancing, singing and prayer chants.
So, it appears that this is a perfect storm for spreading infection.

Even though they have a very fascinating culture, I would like to think
that Navajo medicine traditions should change, at least enough to
keep people safe, but given the history of white European American
and Navajo interactions, I have serious doubts.

It is overwhelming to think that this current situation is one that
has been around since the US took over this nation since 1776
independence from the Great Britain. It is nearly 244 years ago!

Their tradition is interesting, I love it. But medicine men?
Something needs to be changed in this modern world.

IMG_5256.jpg IMG_5258.jpg


Navajo Medicine Man from navajopeople.org/ Zodiac lesson for my students




スポンサーサイト



コメント

No title

アメリカのおばちゃま、こんにちは。

ネイティブアメリカンの医療のお話、興味深く拝読させていただきました。彼らはアフロやヒスパニックほどアングロサクソンの文化に同化(この言葉は本当は正しくはないと思いますが・・・)しないということはよく聞きます。

ユダヤ教やイスラム教の礼拝も含め、それぞれの民族が持つ素晴らしい伝統も、コロナが猛威を振るう今は、そのままの形で継続することは難しいようですね。

古き良き時代・・・何気なく使っていたこの言葉の重みが、いろいろな場面で感じられる今日この頃です。

アメリカのおばちゃま こんばんは

以前読んだユニセフのパンフレットで,全世界では10人のうち3人は,安全な水で手を洗うことが出来ないという記事を読みびっくりしましたが,ナバホ族の方も含まれるのでしょうね。
今回のコロナでは,手洗いが有効な感染防止手段と言われているのに,それが出来ないというのは,本当に困ったことです。また伝統的な治療法が重要視されて西洋医学が入り込めないならなおさらです。

ボーイフレンドがネイティブアメリカンのお嬢さんのお母様は,どんなにご心配か。本当に気が気ではないと思います。

私の友人

私の友人は、マルティカルチュアルな人です。日本語を習っていたこともあります。彼女は、イタリア系、ご主人は、東ヨーロッパ系。お嬢さんとナバホの血を
持つ元ボーイフレンドは、現在、一緒に暮らしてはいませんが、良い友人関係にあるようです。友人は、ナバホの伝統にとても興味を持っているということです。心配はしていないようです。それぞれの文化に興味を持っているということです。私もこに話を文化と伝統という意味から、とても面白く聞いた次第です。
もちろん医学と立ち向かってほしいのですが、その背景を感じ取り、なるほどねと思いました。社会、人生、いろいろだなあと。

玲さんへ

先住民の方達は、自分たちの文化を大変誇りに、そして大切にしています。
私が小学校に勤めていた時、12支の動物たちとその動物の年に生まれた
人の特徴を「これは、楽しむためのもの」と前書きをして、図を作って、
生徒たちを楽しませました。「あなたたちは、ネズミ年ね。あなたたち、働き者で、社交的かな?」なんて、いうように。そうすると先住民のプエブロから、毎日通ってくる先生が、「あなたがやっている授業は、何か、私たちの心に通じる
ものがあるわ」と12支についての説明をじっくり読んでくれていました。
私たちには、何か共通するものがあったものです、懐かしく思い出します。コロナとは関係なく。。。

No title

アメリカのおばちゃま、
何となく、心がほっとするようなお話、ありがとうございました。プエブロ部族についても勉強させていただきました。
また、コロナの話になりますが、今日、テレビで、今はAfter コロナでなく、Withコロナの生活を考えなければならないと言っていました。
否応なしに時間、時代は流れていくのですね。

本当に

長い付き合いになりそうですね。
Google,Twitterなどの会社は、自宅勤務になるとか。色々と勤務状況が
コロナによって、変わっていくのですね。夫の研究所もそのような傾向に
あるようです。社会を変えたコロナ、です。

コメントの投稿

非公開コメント