FC2ブログ

記事一覧

Global Warningについて語ったオバサン会

tampa
(フロリダ州のタンパ ベイを見下ろして)


フロリダ州タンパ ベイにある私の息子のコンドは,23階で湾に面していますが、行く度に、海岸線の水が高くなっているような気がします。私と夫が息子を訪ねたのは、ハリケーンが来る前の週だったので、その後どうなったのかと気になりますが、仕事であちこちに飛んでいる息子はまだ、フロリダに帰っていないので、わからないけれど、タンパは,湾になっているので、災難をまぬがれたようだとのこと。やれやれ。

月に一度集まって、事前に与えられたテーマについて語り合うオバサン会があります。いわゆる白人のおばさん、アジア系のおばさんたちが、面白いなと思った新聞記事などを選択して、皆にスキャンして送ります。会に出席する前に、それを読み、議論する訳です。場所は,公民館を使います。出席者の年齢は、60代が中心で、人数は、4、5人。私もそのメンバー。

今月の記事は、NYTimesの”Flooding of Coast, Caused by Global Warning, Has Already Begun”(地球の温暖化による沿岸洪水は、すでに始まっている)でした。

マイアミの一部は埋め立て地で、沈下がはじまっている。sea wall(防波堤)を高くしないと、次のハリケーンの時には、海岸沿いの家々は流されてしまうだろう、しかしglobal warning(地球温暖化)を信じない共和党員が多い米議会からは、なかなかsea wallを高くする資金がでない、10年、20年先のことを言っているのではない、「もう,始まっているのだ」、このglobal warningをどうしたらいいのかというのがテーマでした。

そこで、私の素人考えですが、いくら、高級避暑地だとは言え、そんな危険にさらされた所に住んでいないで、安全で人口の少ないワイオミングなどに移住しちゃえば?ノース ダコタなんか誰も人気はなかったけれど、今では、石油天然ガス開発で豊かな州になっています。マイアミのような避暑地ではないけど、豪邸を建てて、スキーでもしてればいいじゃないのと思うのですが。。。仲間の元教師のスーザンは、「何言ってんのよ。海岸沿いに住んでいる人達、全部を他の州に移すなんて、お金がかかるじゃないの、sea wallよ、seewall」と喧々囂々。まあ、マイアミ ビーチに家を建てるなんていう人は、リタイヤして、朝からゴルフ三昧の金持ち、議会に足を運んで、なんとかsea wallを高くしてもらうことを祈ります。でも、このような状態だと、家を売るにも売れないとなると困りますね。それに、マイアミの住人全部が超金持ちという訳でもないでしょうから。Global warmingをヒシヒシと 感じています。

私が成る程と思った単語は、

inundationとfloodの使いわけです。
the inundation of the coast (沿岸の浸水)
tidal flooding上げ潮の洪水)

洪水よりもっと激しい水の氾濫がinundationのようです。







スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント