FC2ブログ

記事一覧

真珠湾攻撃(attack on Pearl Harbor)から75周年を迎えたハワイにて

 

Thanksgivingは、仕事から完全に離れて、ハワイでのんびりしたいという夫の希望で、6日間程、ワイキキで過ごしました。

バイキングとバッフェイ

日本では、バイキングと呼ばれる食べ放題のメニューは、アメリカでは、buffet, (butfet, バッフェ)と発音記号に乗っているのですが、フランス語からきているので、バッフェイと発音するようです。

 ホテルでのバッフェイ スタリルの朝食は、おいしくて、つい食べ過ぎてしまいます。とくに、パパイヤ、パイナップルは、現地産ですから、新鮮この上なし。バナナもハワイ産だと、日本語が話せない3世のウエイトレスが教えてくれました。

彼女のお父さんは、日本とアメリカの両国から徴収命令がきたそうです。自分はハワイの人間だということで、アメリカ兵となって、日本と戦ったそうです。複雑な心境ですね。


ホテルの一階のレストランは,海岸に面していて、窓はなく、全館がガラスドア。すべてのドアは、完全に開け放されています。その開放感はなんとも言えません。うるさく、やってくる白鳩も、まあまあ、許してやろう。



beach 
ホテルのレストランから見た風景

duckling 

池で遊んでいたアヒルの親子


 
USS Missouri (United State Ship Missouri),ミゾーリ戦艦見学

今年は、真珠湾攻撃から75年間め、ということで、それに伴う行事がいろいろと開催されていました。

 夫は、常々行きたいと 思っていたUSS Missouri(ミゾーリ戦艦)見学を果たしたいとのこと。Missouriは、ミゾーリに近い、発音ですが、日本では、ミズーリで通っています。ミゾウラなんて発音する人もいます。これは、当時の大統領であったトルーマン大統領の出身州、Missouriにちなんだ名称です。大学を卒業していないけれど、 読書家、努力家のトルーマン大統領は、 Truman democracyとして、ケネディ、クリントンなどもお手本にした大統領でした。しかし、日本では、原爆を落とした大統領として、批判されています。

このMissouri戦艦は、太平洋戦争後は、朝鮮戦争、湾岸戦争などに参戦の後、1992年に退役したとのこと。

同行の見学の女性がアップル社の腕時計で測ったところ、船上見学して歩いた距離は5マイルだと話していました(約8キロ)。船の長さは、270.4m,フットボールの球場の3倍半の長さだとか。乗組員は、1850名。船の中は、空気の流通もよくないので、私は、ちょっと気分が悪くなってしまいました。つくづく船員って大変だと思いました。来る日も来る日も見えるのは海の水のみ。緑もない、私には、できない船員という仕事。

 USS Missouriで行われた日本降伏文書調印式(Japan Surrender Document Signing Ceremony)

アメリカにとって、記念すべきことは、日本降伏文書調印式が東京湾にやってきて、この戦艦で行われたという事実です。なぜ、調印式が船上で行われたかというと、日本降伏は、ペリー船長の日本の幕開けにちなんで、船上で調印式をというのがアメリカ側の主張、演出であったとか。新しい時代の幕開けがやってくるのだという、積極的な意味合いを含めているのでしょうか。マッカ−サー元帥が見守る中で、 重光葵外相が降伏署名を果たしました。その後,全世界に日本降伏がアナウンスされたそうです。

また、ガイドは、日本の特攻隊員がこの船に攻撃して、引火したものの、すぐに鎮火の話を紹介していました。

Missouriの艦長は、この若き特攻隊の飛行士は、自国のために若い命を落としたのだからと、反対する者もいましたが、水葬を執行したそうです。かなり美談っぽく話していました。まあ、アメリカ側の話ですから。でも、ガイドは、日系女性というのが面白いです。

beach

とにかく大きい船。フットボール球場の3倍半の長さ!

 夜は『紅花』で食事

すっかり、お腹がすいて、夜はホテルの一角にある『紅花』で食事をしました。となりに座ったご家族は、シカゴから。ご主人が小規模ビジネスのオーナーとか。奥さんはユナイテッド航空のスチュアデスで、きらびやかな女性。息子と息子の友人も連れてきていましたが、ユナイテッドの従業員ですから、飛行機代は全員無料。焼き肉やの良さは、こうして見知らぬ人達との会話でしょうか。「トランプが大統領になってよかった。アルバイトの者にまで、健康保険を出さねばならず、70人の従業員を50人に減らさなければならなかった」と、ご主人は、話していました。共和党とは言え、トランプは、こうした人達に支えられて,当選したのだなあと、今回の大統領選にも思いを走らせた次第。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント