FC2ブログ

記事一覧

単語に出て来る音を聞く、音を聞いてから、文字と結びつけます



今日は、幼稚園に読み聞かせに行ってきました。
母の日も近いし、何か、母の愛につながるような本がないかしらと
思っていたのです。見つけた本がコレ。

Guess How Much I love you. Sam McBratney作の絵本です。

IMG_0001.jpg

「僕は、こんなに愛しているよ」と両腕をひろげる、子うさぎ。
すると、大きなうさぎが、ながいながい腕をひろげ、「私はもっとよ。こんなに
愛しているのよ」とどちらの愛が大きいかを比べていきます。

ウチの庭の芝生をムシャムシャ食べにやってくる、うさぎも出てきました。
やっと、春の訪れを感じさせます。私は、大うさぎをお母さんにたとえて、
話をすすめていきました。友達らしいけど、母親に仕立てしまった、まあ、
母の日だから、いいか。

お話を読み終わると生徒達に質問します。
「このお話のタイトルは?」
「出場人物は(キャスト)は?」
「なんか問題(problem)があって、話がはじまったんだよね?」
「で、どんな風に解決したんだっけ?」
「結末は、どんなだったっけ?」

まあ、子ども達の理解を確かめるためです。

短い本なので、アクティビティとして、子ども達にお母さんに
送るカードを作ってもらいました。

「自分の名前の前にfromとつけてね。」
「fromってどう書くの?」

「エフ、アール、オー、エムよ」と言うと生徒が「?」という
顔をします。先生から、「待った!」がかかりました。
「この学校では、音で教えるから、
エフ、アール、オー、エムではなく、フッ(f)、ルッ(r)、オー(o)、ムッ(m)
と単語に出てきた時の音で答えてやってね」とのこと。


フォニックスは、文字と音を結ぶのだから、アルファベットの名前ではなく、
単語に出てきた時の音で教えるのが、この学校のフォニックス教育法。

Aは、エイではなくアッ
Bは、ビイではなくブッ
Cは、シーではなくクッ

単語の中に出て来る音で教えていきます。

だから、fromは、フッ、ルッ、オ、ムッ
と教える訳。


音に注意をはらうために脚韻を踏むライミングを教えるのも
このためです。might, sight, site, fight, lightとか、
音は、同じでも、綴りがちがうなんていうことを
だんだんとおぼえていきます。

英語はルールがありすぎ。難しい言語だなあと今更ながらに
思います。音を土台にした言語です。



IMG_0002.jpg



(名前の前にfromをつけてねって、言ったでしょ。
フッ、ルッ、オー、ムッ、よ!)

子ども達は私が来るのが楽しみのようです。
担任の先生は、おしゃれっけのない方なので、
女の子は、"I like your ring."とか、メイクアップが
強すぎたかなと思うと,"I like your makeup."とか
言うので、まあ、いいかとか。楽しいし、学べるのでいい経験をしています。




スポンサーサイト



コメント

可愛い子供達ですね!!

子供たちが、アメリカのおばちゃまさまに、すごく親しみを感じている様子が伝わって来ます。
昔、英語の単語を覚えるのに、丸覚えをしてきたので、ルールとか知らないのですが、深く関わると、色々、難しいのでしょうね。

変化していく教育法

移民の子ども達が増えている、そんなことが教育に変化をきたしているのでしょう。でも、私にとっては、子ども達に会いたい、そんな気持で、読み聞かせに行きます。最近のアメリカは、とても学校に入りにくくなっています。ご時勢ですね。

やってみました

お教室などで、型を利用して自由作文をする際に、◎◎はどう書くの?と聞かれます。

今までは、ホワイトボードに書いたり、綴を行ったりしていましたが、かんたんなものは、音を聞かせて自分で考えさせてみました。

アルファベットと音を結びつける遊びを幼児の頃からやってきた3年生は成功。

しかし、高学年からフォニックスのお勉強をはじめ
1年程度の男の子は、スーッと文字に結びつかず
綴を言ってと言いました。

中学生になると発音と綴は別だとも言います。
綴を覚える時に独特のカタカナ(ローマ字)読みをしています。

science
(スシエンセ)

thought
(ティーエイチオウグチト)

などと覚えているというのです。

thを、スとしないのは、まちがえるから、音のないghがどうしてグチなのか?というと雰囲気なのだそうです。

アメリカでは、音には出ない綴や、音を聞いただけでは、迷ってしまう場合はどうするでしょう。

ス、アイ(サイ) sci si cy

science
sight
cycling

レポートを楽しみにしています。

小さい頃から慣れていれば音と綴がもっと自然に一致するようになりそうです。

コメントの投稿

非公開コメント