FC2ブログ

記事一覧

Nestというsurveillance camera(監視カメラ)を取り付けました

アメリカン エックス プレスだったか、航空会社のカタログだったか,よく覚えていないのですが、マイレッジでネスト(Nest)という監視カメラ(surveillance camera)が手に入りますよという宣伝記事を読んだ私。

 

家を留守にする時に、監視カメラがあったらいいわねえ、そんな軽い気持ちで、夫に言ったら、その気になると、「それ!」となる人。即Best Buyという家電量販店に行って、ネスト社のカメラを試験的に2つ買ってきました。我が家のコンピュータ、iPhone, iPad用に使っているWiFiの音波で操縦する仕掛けです。

 

そして、2,3日の小旅行へ。ところが、iPhoneiPadで我が家のリビング ルームをチェックすると、部屋自体は、荒らされた気配はないのですが、人の声が聞こえたという情報がメールに入ってきます。それも、度々。

 

そこで、夫がネストのappでチェックすると、留守電のメッセージが入る度に、ネストくんは、
「これは、なんだ?持ち主に
伝えなければ」ということで、unusualな出来事は、全て、メールで知らせてくるのです。

 

そうだったのか。ありがとう。では、心配しないで、ゆっくり寝ようということにあいなりました。

気に入ったので、家の外や車庫にも取り付けようと、このところNestくんにぞっこんです。どれくらいの仕事を
要求するかにもよりますが、我が家のNestくんは、1台350ドルくらいでした。


Nest (ネスト)くんが見張っていてくれます
NES T 

 このWiFiの電波にのって

 WiFi

 

スポンサーサイト



コメント

便利な機器ですね。

日本ですと、侵入者があると警備会社に通報されるサービスもあるようですが、Wi-Fiiで作動するカメラは手軽ですね。

それにしても、留守電の音声まで、報告してくれるなんで、忠実なNest君。頼もしいし可愛いです。

日本にも入っていますよ

Nestは、Appleの元エンジニアが起こした会社で、Googleの傘下にあります。家のなかの温度を出かけ先から調節するなど、自動火災察知機などの開発にも力をそそいでいます。

コメントをありがとうございました!

日本でも、密かに、取り入れているお宅が、あるということですね。

新しい情報をいただき、ありがとうございました。

別に密かにではないと思いますよ

いかがでしょうか?

"密かに"と申しましたのは、
ホームセキュリティーのSECOMなど家庭に導入すると、玄関先にSECOMというステッカーを貼るので、泥棒さんも敬遠して近寄らない。ということがあるらしいのですが、監視カメラは、そういうものを、貼らないのでは、と考えたからです。

確かに、悪いことをするわけでもないのに、"密かに"は、ふさわしくない言葉かもしれません。もし、感情を害されたのなら、申し訳ありません。

うちの近辺では、あまり聞きませんが、都会のマンション、会社などでは、普通に設置されているのかもしれませんね。

気を悪くしてませんよ〜

ただ、アメリカは、日本よりドラッグに関する犯罪が多いので、
用意万端というところ、です。

確かに、ホームセキュリティーは、玄関先にサインを出しますが、
ケーブルを切断することも可能です。どれが、一番安全かなあと
考えてしまいます。

コメントの投稿

非公開コメント